未来戦略デザイン・ラボ|みらいの見える化を

2018年のいま、“失われた20から7年が過ぎましたが、日本経済の国際競争力の相対的低下が止まる気配は見えません。

1988年から2001年までの間は日本の国民一人あたり名目GDPは世界で概ね5位以内に入っていましたが、2016年には19位にまで下落しています。2010年以降、人口は減少に転じ超高齢化社会が目前に迫っていることも影響し、2030年代には日本は先進国から外れるとの悲観的な予測すらでています。

”成功のジレンマ”から抜け出すこと

こうした閉塞的な状況を生み出した要因の一つに、日本を先進国に押し上げたモノ作り中心の産業構造から転換できていないことがあると考えます。

産業界全体が一丸となってPDCAサイクルを繰り返し改善・改良を重ねることで、世界に先駆けて高品質で低価格な商品を生み出すことが日本の成長を支える基本戦略でした。過去のデータや実績を重視するメンタリティが、知らず知らずのうちに新しいチャレンジや変革を忌避しているのではないでしょうか。

 

私たちの未来戦略デザイン・ラボでは、このような“成功のジレンマ”の状況を打破するための未来俯瞰による新しい手法を開発しています。

 

未来は、見に行けるのです

はじめに現在の社会課題を現事業にとらわれない広い視点で捉え直します。

次にその課題が解決された目指すべき姿を空想・想像し、数値モデル化とゲームシナリオ化を行いゲーミングシミュレーションとして実装します。

AIにより制御されたアバターとVRを使用したヒューマン被験者が参加し、仮想空間上で実証実験を行い、有効解を導きだします。

時空を超えて無限に広がる仮想空間を利用することで、現実から飛躍した空想・想像を引き出すことができ、過去のデータの延長線上では得られにくい独創的な解決策が導出できると考えています。

※CG制作にはゼンリン社のCity Assetライブラリを使用しています

 

現在、この手法により、完全自動運転が実現した社会で生まれる新しいバリューチェーン・コンプレックス(産業クラスター)の研究に取り組んでいます。

この手法を実装したプラットフォームは会員企業で幅広く利用していただけるように、オープンラボとして整備し、随時ワークショップも開催する予定です。

私たちと一緒に、「未来」を見に行きませんか?

“新しい時代の経営”を伴走します|青山学院Hicon

いま、時代が大きく変わる潮目にあります。
マスからネットへとメディアの主役が変わり、情報の流れが変わりました。AIやロボットは進化を続け、言語の壁や距離の遠さを越えてコミュニケーションができるようになりました。商品やサービスの企画、市場の設定、プロモーション戦略、何もかもがかつての経営論では太刀打ちできません。

この時代の経営者は、「グローバルな視点」と「文化」を軸にした戦略が必要と言えるでしょう。よろしければ私達と一緒に始めてみませんか。